夏の香りと・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 「氷壁」第4回

<<   作成日時 : 2006/02/04 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「大人の解決」を拒む、奥寺って。。

奥寺のカラビナ葉損発言撤回を条件に、和解を持ちかける八代側だけど、自説を曲げない奥寺。
山ではソロでもやっていけるけど、下界はソロでは生きられないのよ〜。

ベースキャンプの森脇は、家族を守る為、奥寺に不利な証言をし、奥寺が守りたかったはずの美那子まで、北沢とのプライバシーが法廷で暴かれちゃった。
ユカリにも思いを打ち明けられちゃって、正直、それどころじゃない奥寺。
ユカリちゃん、もうちょっと相手の立場を考慮しようよ。(^^;

奥寺の和解拒否を知って、ヒートアップしてきた八代の社長さん。
北沢との仲を疑い、美那子を責め立てる!
男の嫉妬はコワ!
ほら、そんなことするから、美那子ったら、逃げ場を求めて奥寺に電話しちゃったじゃない〜。
今まで、奥寺の電話に出ないようにしてたのにぃ。

しかし奥寺、会うのは山なのね(^^;
しかも裁判の打ち合わせすっぽかして〜。
ユカリじゃなくても呆れるワ。
「私のために行かないで」は、説得力なかったけど。。。

時代遅れの傷だらけの携帯電話が、奥寺の孤独をうかがわせるワ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ドラマ雑感】 土曜ドラマ『氷壁』 (第4回/全6回) 「裁かれたプライバシー」
 土曜ドラマ『氷壁』(第4回)◇奥寺(玉木宏)は美那子(鶴田真由)への思いを抑えきれず、それに気付いた北沢(山本太郎)の妹のゆかり(吹石一恵)は反発する。八代(石坂浩二)と奥寺の裁判の争点は、ヤシロ社製カラビナがK2で壊れたのかどうか。そんな中、カラビナを作った下請工場社長の工藤(高橋克実)は、八代に耐久性が必ずしも完璧ではないと打ち明ける。八代と開発部長の智之(武田真治)は、急いで秘策を練る。一方、美那子への思いを綴った兄のメールを発見したゆかりは彼女を詰問。その帰り、奥寺に出会ったゆかりは愛... ...続きを見る
気ままなNotes...
2006/02/07 06:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「氷壁」第4回 夏の香りと・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる